ワンオペ共働きで子ども2人育てるのは無理?1人が限界なのか悩むママへ

ワンオペ共働きをしていると「もう一人子どもが欲しいけど、今でさえこんなに大変なのにもう一人増えたら絶対無理だよね?」と子どもを諦めてしまうママもいますよね。

我が家も1人目の育児が大変過ぎて一人っ子でいこうと思っていました。

でも現在2人の子どもに恵まれ共働き生活をしています。

子どもが1人から2人に変わりどれくらい負担が増えるのか、共働きでやっていけるのか実体験をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ワンオペ共働きで子ども2人育てるのは無理or可能?

結論から言うと、2人育てるのは可能です!

むしろ2人の方が楽になることも増えました。

ただ、少し気を付けた方がいいことやこうすると共働きでも2人の子どもを育てやすいというポイントがあるのでご紹介していきます。

子どもの年齢は3歳以上離そう!

できたら子どもの年齢は3歳以上離すことをお勧めします。

子どもは4歳になるとかなり落ち着いてきますし自分でできることが格段に増えます。

3歳離せば下の子が保育園に入り仕事復帰するとき上の子は4歳になりますよね?

この年の差がおススメです。

4歳は本当になんでも出来ます!我が家の4歳の息子が朝やっていることを紹介しますね。

  • 歯磨き
  • 一人で着替え
  • 朝ご飯を食べて食器を自分で片づける
  • 保育園の準備
  • 好きなおもちゃで一人で遊ぶ
  • カーテンをあける
  • トイレ掃除

自分のことプラス家事もしっかり手伝ってくれます。

毎朝カーテンをあけるのとトイレ掃除までやってくれています。

出来ないと思って接すると何もできないですが、教えたら何でもできるのが4歳です。

 

3歳まではイヤイヤ期があるのでその時期に子ども2人のワンオペ共働き生活をするとメンタルやられます(笑)

たぶん倒れます。

年齢差をあけるのがおススメです。

 

家族全員で家事をしよう

一人で子ども2人のお世話をして、仕事をして、家事を完璧にこなすのは無理です。

しかし日本のママは全て一人で抱え込んで無理をし過ぎてしまいがちです。

家族みんなで家事をするのが共働き成功のポイントです!

夫が家にいないなら子どもを巻き込んじゃえばいいです。

 

子どもってお手伝いが好きなんですよね。

我が家は子どもが3歳のときから家のことをしてもらっています。

子どもには「家のお仕事は一緒に暮らすみんなでやるものだよ。〇〇も自分にできることをやろうね?」と話し、毎月今月は何をやるかを話し合って決めています。

「お手伝い」ではなく「お仕事」と呼ぶことで子どものやる気はあがります!

仕事って響きの方がかっこいいですからね(笑)

 

あと大切なのは子どもに何をするか決めさせるということ。

何をするかを自分で決めてもらい、最後まで責任もってやってもらいます。

できたらシールをカレンダーに貼るという子どもが喜ぶことを用意するのも仕事が続くポイントです。

我が家の息子が今までやった仕事は、

  • トイレ掃除
  • 箸並べ
  • カーテンをあける
  • 加湿器のスイッチを入れる
  • 朝ごはんのあと机を拭く

などがあります。

毎月簡単な仕事と少し大変な仕事を混ぜてやってもらっています。

 

スポンサーリンク

子どもが2人で楽になったことのメリット・デメリット

子どもが2人になって楽になったこと、メリットとデメリットがあります。

それぞれ紹介していきます。

子どもが2人になるメリット

①子どもが競い合うから準備やごはんが早くなる

子どもってすごい負けず嫌いですよね。

1人だとダラダラご飯や準備をしていた息子は下に娘が生まれ競争心がメラメラ。

娘が早くご飯を食べ終わりそうになったり、準備を終えそうになるとめちゃくちゃ頑張って行動します(笑)

1人の時は「ご飯の時によそ事しないでごはんを食べる時間だよ!」「靴下履いて保育園の準備するよ」と何千回いってもダメでした。

しかし今は「わぁ~今日は娘ちゃんごはん食べるの早いしお行儀いいね~♪」と褒めると息子も急に頑張りだします。

すかさず「わぁ~お兄ちゃんはもっと上手だね~♪さすがお兄ちゃん♪」とよいしょします(笑)

一人のときに比べ1つ1つのことにかかる時間が減りました

 

②一緒に遊んでくれるから家事がはかどる

子ども同士が一緒に遊んでくれるので家事がはかどります。

私の息子はママにべったりで1人遊びをほとんどしないタイプで結構大変でした。

しかし娘が1歳を過ぎたあたりからケンカも多いですが2人で遊ぶことが増えて楽になってきました。

そして子ども同士で遊んでいる姿ってすごくかわいくてかなり癒されます♪

 

子どもが2人になるデメリット

①洗濯が大変

洗濯ものが一気に増えます。

我が家は8kgタイプだと足らず10kgに買い替えました。

干すのも毎日物干し竿いっぱいで、1日でも休んだらお終いです(笑)

 

②保育園の送り迎えが大変

これは年齢を3歳離すと割と解決します。

私の市の場合、3歳までは親が教室に入りタオルや着替えをセットします。

そのため2人いたら準備が倍必要で出勤時間が迫ってしまいます。

しかし年少からは全て自分で準備するので親は先生に子どもを渡してサヨナラでOKです。

準備は下の子の分だけでOK!

ここにも3歳離すといいポイントがありますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ワンオペと共働きで子どもを2人持つことは可能なのか、無理なのかまとめてきました。

結論なんとかなります。

我が家の場合は大変な面ももちろんありますが2人になって楽になった面も多くありました。

働き方で子どもの数を悩んでいるママへなんとかなった我が家の実例をお届けしました。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました