共働きの朝ごはんにおススメ!時短で栄養のある簡単メニューをご紹介

共働きの場合朝は時間がなくバタバタして、シリアルなど簡単なごはんで済ましてしまいがちですよね?

でも子どもを育てているとできたら栄養バランスのとれたご飯をしっかり食べさせてあげたいと悩むママも多いと思います。

そこで病院の管理栄養士として働く筆者が毎日作っている時短で栄養のある簡単メニューをご紹介します!

 

スポンサーリンク

朝ごはんどうすれば栄養バランスがとれる?

簡単に栄養バランスをとる方法は3つのグループをそろえることがポイントです。

3つのグループとは、

  1. ごはん、パン、麺類など体を動かす元になるグループ
  2. 肉、魚、卵、豆腐などの筋肉や骨の材料になるグループ
  3. 野菜、きのこ、海藻や果物などの体の調子を整えてくれるグループ

この3つです。

1~3のグループから最低1つ用意すればバランスがとれます!

私も毎日の朝ごはんでこの1~3をそろえることを意識しています。

 

スポンサーリンク

時短で栄養のある簡単メニューは?

では実際に忙しい朝でも無理なく作れる時短&栄養バッチリのメニューはどんなものがあるのか紹介していきます!

 

ごはん+お味噌汁+納豆

私が一番おススメしているのがこの組み合わせです。

忙しい朝はついパン食にしてしまいがちですが断然パンよりごはん食の方が栄養面で優れています。

ごはん食のメリットはいくつもあるのですが私が思うメリットは

  • 腹持ちがいい
  • 体に悪い油と言われるトランス脂肪酸の摂取を控えられる
  • よく噛んで食べるので目がしっかり覚める
  • 日本の食料自給率向上に貢献できる(笑)

以上のことが挙げられます。

パン食って一緒に食べるものをソーセージやベーコンなど油ギトギト&添加物たっぷりなものにしがちじゃないですか?

そしてパンには甘い砂糖まみれのジャムや悪玉コレステロールを増やすと言われるマーガリンをたっぷり塗りますよね?

これを毎日子どもの朝食に食べさせるのはとても勧められません。

毎日食べる朝ごはんはやはりごはん食がベストだと思っています。

 

グループ1→ごはん

グループ2→納豆

グループ3→お味噌汁

がこの献立でとれますね。

 

納豆は冷蔵庫から出すだけなので超簡単!

しかも子どもって納豆好きな子多くないですか?

我が家のこどもは2人とも納豆が大好きです。

 

お味噌汁は朝包丁を使うのが面倒or時間がない場合は休みの日にまとめて切って冷凍しておくのをお勧めします。

冷凍しておくと火の通りも早くなるので時短にも繋がり一石二鳥です♪

冷凍するのは人参・小松菜・ほうれん草・キノコ類・などなんでも美味しく冷凍できますよ。

 

納豆に飽きたor納豆が苦手な方は卵もおススメ!

卵はゆで卵を作り置きしておくと手軽に食べられるし、時短になっておススメです。

卵かけごはんにしてもいいですね!

 

食パン(フランスパン)+卵+野菜スープ

どうしても朝パンがいいという人へおススメしたいのはこの組み合わせです。

パンは菓子パンではなく添加物や砂糖をあまり使っていない食パンかフランスパンにしましょうね!

 

筋肉のもとになるグループ2はパン食だとウインナーやハムにしがちですが私は卵を全力で推したいです。

ウインナーやハムは原材料を見ると分かるのですが物凄い数の添加物で作られています。

卵に比べて栄養的価値が低く毎日食べる子どもの朝食には不向きですね。

 

卵は目玉焼きやゆで卵なら簡単に作れるし、野菜スープに一緒に入れてもいいですよね。

しかも値段も安く家計にも優しいという優秀食材です。

 

野菜はサラダよりもスープがおススメです。

野菜は過熱することでかさが減り、生で食べるよりも量がしっかりとれます。

体が温まって1日のスタートを切りやすくなるのもおススメポイントの一つです。

野菜スープもお味噌汁と一緒で休みの日に食材をまとめて切って冷凍しておけば朝鍋に野菜とコンソメの素をいれて加熱するだけ。

パンを焼いている間にできちゃいます♪

 

スポンサーリンク

まとめ

共働きの朝ごはんにおススメの時短&栄養バランスのとれたメニューについて紹介してきました。

毎日の食事、手軽さも大事だけど家族のために栄養もしっかり考えたい!

そんなママの参考になれば幸いです。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました