マレフィセント2主題歌は誰で曲名・歌詞の意味は?「魔女の季節」のカバー?

マレフィセント2

2019年10月18日(金)に映画『マレフィセント2』がに日米同時に公開されます。

映画館でもドラマチックな曲調の主題歌が印象的な予告編が随分と流れるようになりましたよね。

マレフィセント2の主題歌の曲名、歌詞の意味と世界観はどういうものなのか、紹介していきます。

スポンサーリンク

マレフィセント2主題歌の曲名は?誰の曲?

まずは予告編をチェックしていきましょう!

この予告編で使用されている曲のタイトルは「魔女の季節(原題: Season of the Witch)」です。

 

原曲は、スコットランド出身のミュージシャンのドノヴァンがアルバム「サンシャイン・スーパーマン」の6曲めに収録した曲で、これまでも多くのミュージシャンにカバーされています。

このアルバムからシングルカットされた「サンシャイン・スーパーマン」はビルボード1位となり、またアルバム自体もビルボード11位を記録したので、原曲は比較的メジャーな曲と言えるでしょう。

 

今回は、イギリスの女性シンガーソングライターのモリー・スミッテン=ダウンズがヴォーカルを担当し、アメリカのプロダクションミュージック会社、オーディオマシーンがアレンジを手掛けたカバーバージョンです。

ちなみにヴォーカルを担当したモリーはヨーロッパ版紅白歌合戦とでもいうべきユーロビジョンの2014年イギリス代表として出場もしている実力派シンガーです。

 

緊張感のあるピアノと歌声から入り、サビ部分に入ると一気に音の厚みが増えて、さらに印象的なドラムが加わって力強いボーカルとともに世界観を盛り上げますよね。

アメリカでの公開タイトル「Maleficent: Mistress of Evil(マレフィセント:悪の女王)」にふさわしい曲調といえましょう。

スポンサーリンク

マレフィセント2主題歌曲フルバージョン動画はある?

今回の主題歌のアレンジのフルバージョンはまだありませんので、原曲のフルバージョン動画を見てみましょう。

予告編のものと比べてみると、随分とサイケデリックな仕上がりになっていますね。

バックの楽器も基本はギターとベースとドラムの3ピースバンド、途中でオルガンが入る部分もありますが、全体的にシンプルでスッキリとしたアレンジで、歌声と引き立て合っていますね。

一番違うのはサビの部分のバックのアレンジで予告編は全て短調なのが、こちらはサビの部分になると長調の和音も使っていたりするので、不思議な雰囲気が醸し出されるのかもしれません。

スポンサーリンク

マレフィセント2主題歌の歌詞・和訳は?

それでは、「Season of Witch」の歌詞を見ていきましょう!

今回は女性歌手が歌う女性主人公の映画なので、女性らしい言葉で考えてみましょう。

歌詞・和訳

When I look out my window

Many sights to see

And when I look in my window

So many different people to be

That it’s strange, so strange

You’ve got to pick up every stitch

must be the season of the witch

窓の外を眺めていたら、色々な景色が見えたの

さらに窓の外を覗いてみたら、たくさんの違う人がいる、おかしい、おかしいわ

全部を縫い合わせてみないとわからない、きっと魔女の季節なのね

 

When I look over my shoulder

What do you think I see?

Some other cat looking over

His shoulder at me

And he’s strange, very very very strange

You’ve got to pick up every stitch

Beatniks are out to make it rich

Oh no, must be the season of the witch

振り返ってみたとき、何が見えたと思う?

どこかの猫が振り返って私をみてる、あの猫おかしい、絶対におかしい

全部を縫い合わせてみないとわからない、ビートニクの奴らは深読みする、きっと魔女の季節なのね

 

どこか不穏なムードの漂う歌詞の世界ではないでしょうか。

なんども出て来る「魔女の季節」は何を指すのか、気になりますね。

スポンサーリンク

マレフィセント2主題歌の曲を聞いたみんなの反応は?

それではすでに、マレフィセント2の主題歌を聞いた人たちの声はどうなのでしょうか?

 

マレフィセント、主題歌聴くたびに

「わー!」ってなる。楽しみだな♪

マレフィセントの主題歌聴いてたら、見たくなってきたー。

マレフィセントの主題歌、ドノヴァンのカバーやで!

作品の世界観と主題歌がマッチして、映画を観たい気分が盛り上がってきているようですね。

予告編のスペクタクル感満載の映像と、主題歌のサビ部分の盛り上がりが相乗効果をあげているといえそうです。

スポンサーリンク

マレフィセント2主題歌の曲名・歌詞の意味は?「魔女の季節」のカバー?まとめ

往年の人気歌手ドノヴァンのヒットアルバムからカバーされたマレフィセント2の主題歌「魔女の季節」について、見てきました。

実力ある歌手が、新しくかっこいいアレンジで歌う、摩訶不思議な歌詞の主題歌です。

今までディズニーヴィランズの中でも存在感があったマレフィセントを主役に据えた驚きの前作から、どのような続きのストーリーとなっているのか、この曲がどういう場面で流れるか、ますます気になりますね!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました