ここに来て抱きしめて最終回・結末!ドジンとジェイは結ばれるの?

ここにきて抱きしめて
引用:https://twitter.com/yuHQTBZPX5Io6fF/status/1165580560036532225?s=20

2018年に韓国で放送され様々な賞を獲得した話題作『ここに来て抱きしめて』。

容姿端麗で正義感溢れる主人公ドジン(チャン・ギヨン)と、有名女優である母親に憧れて、韓国のトップ女優になったヒロイン、ジェイ(チン・ギジュ)。

このドラマの結末、二人の恋の行方はいったいどうなるのでしょうか?

最終回の内容を詳しく探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

ここに来て抱きしめて最終回・結末をネタバレ

引用:https://twitter.com/korekorepm/status/1053804688846479361?s=20

一緒にお墓まいりに行こうと約束したドジンとジェイ。

しかし、ドジンはその約束に遅刻してしまいます。

ドジンよりも先に墓地に向かっていたジェイは、ドジンの父親であり自身の両親を殺害した犯人ヒジェと、看護師でヒジェの協力者チョン・ユラたちに捕まります。

 

ヒジェはドジンに対し、「ジェイを殺した。」と言い、ドジンはヒジェにハンマーを向け、振りかざしました。

そこで、ドジンはジェイのことを思い出して冷静さを取り戻し、ヒジェは本当にジェイのことを殺害したなら自分に対して見せるはずだと気づきハンマーを下ろし捨てます。

 

ユラはジェイの元にいて、「ヒジェは息子(ドジン)のために全てを投げ打って、息子のために警察に捕まった。」と話します。

ジェイは「ヒジェがパク記者(ヒジェの獄中記を執筆し利用した記者)を殺したのは、ヒジェの弱さを素直に報道したから。ヒジェに協力しているユラも弱くて低劣な怪物だ。」とユラに対し返答しました。

 

一方、ドジンはヒジェに対して「ヒジェを殺さず、自分自身なりに決着をつける。」と言います。

ヒジェはそんなドジンに対し、「ドジンの周りにあるものを全て破壊する。どんなに打ち消そうとしても親子の関係には変わりない、家族だ。」とドジンに対し、なお挑発します。

その言葉を聞いたドジンは、「ヒジェが父親であるのは確かだが、もうヒジェは人間ではなく怪物だ。俺を守ったつもりでいるのだろうが、父親のせいで人生が台無しになった。ヒジェの息子という事実によって、毎日生きることが辛く苦しかった。何も悪いことはしていないのに、父親のせいでこのようになり弱くなった。ヒジェは間違っていて、その証拠は俺自身である。」と話しました。

ヒジェは檻を叩きながら「世の中は大きな檻なのだ」と言い放ちます。

ヒジェに対しドジンは「あの夜、俺によって捕まったから何としてでも制圧をしたいのに、できないから俺を恐怖に感じているんじゃないか?どんなにあがいても、お前はクズなやつだ」と答えます。

ヒジェは思い通りにならないドジンに殴りかかりにいきます。

 

ジェイはユラに注射を刺されそうになりますが、抵抗し隙を見せたユラから注射を奪い取り、足に注射を突き刺します。

その後、ジェイは警察に通報しました。

ジェイはドジンの元へ向かい、ドジンをかばって警察に通報したことを告げます。

ヒジェはそんなジェイを殴ろうとしますが、ドジンはジェイを守って戦います。

そこで無事に警察が到着し、ヒジェは逮捕されドジンとジェイはお互いを抱きしめました。

ドジンがジェイを連れてその場を離れようとしているのをみて、ヒジェは12年前のことを思い出していました。

ヒジェは警官から銃を奪い、車を用意しろと命じながら外に出ますが、それを見たドジンは警官から銃をとりヒジェの足を撃ちます。

 

 

その後ドジンは昇進し、警部となりました。

ヒジェらのモンスターたちが捕まり平穏な日常が戻り、ジェイも女優に復帰します。

 

ドジンの異母兄弟でヒジェの長男であるヒョンムの裁判が始まり、ヒョンムは自分の罪を反省し全ての犯罪を認めます。ドジン、オクヒ(ヒジェの四番目の妻、ドジンの継母)、ソジン(オクヒの連れ子でドジンの妹)もその場に集まっています。

そして、ヒジェやユラの裁判も始まり、ヒジェは全く反省するそぶりを見せません。

その裁判が終わり外に出るとヒジェは卵を投げつけられているのをドジンたちは見ていました。

 

パク記者をライバル視していたジホ記者は、「因縁ではなく救済であった。加害者の息子と被害者の娘」という題名で記事を書きます。

 

ドジンとジェイはそれぞれ過去の自分から自由になり、被害者と加害者の関係から解放されます。

2人は「ここに来て抱きしめて」と言い抱擁をしハッピーエンドで幕を閉じます。

 

スポンサーリンク

ここに来て抱きしめて最終回・結末の感想は?

引用:https://twitter.com/korekorepm/status/1053804688846479361?s=20

両親を殺された被害者ジェイと、サイコパスな殺人鬼でジェイの両親を殺した加害者の息子ドジンの2人が、お互いを想いあって信じてきた愛が実ってよかったなと個人的に思いました。

特に最終回での、ドジンは振りかざしたハンマーをジェイのことを思い出して下ろすシーンでは、愛の力を感じ取れるな思いました。

親のしがらみに打ち勝って、結ばれた2人が幸せな人生が送れることを願いたくなります!

最終回の感想の声を調べてみると、終わり方にかなり納得した、気持ちの良い終わり方だというコメントが多数見受けられました!

スポンサーリンク

ここに来て抱きしめて最終回・結末!ドジンとジェイは結ばれるの?まとめ

いかかでしたでしょうか?

最終的には、ドジンとジェイがお互いのことを想い合って結ばれてハッピーエンドを迎えられてよかったです!

被害者の娘と加害者の息子という設定はかなり重いなと感じましたが、最終的にはその事実を超える愛を持った2人に感動してしまいました。

日本でも放送されているようなので機会があれば是非チェックしてみてください!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました