花郎1話のあらすじ・ネタバレと感想!テテの初登場シーンはある?

韓国ドラマ
引用:https://twitter.com/Ume_bsfuji/status/1128193224516890624

花郎(ファラン)は、青春時代劇を舞台にした韓国ドラマです。

王の親衛隊として結成された6人の美形男子「花郎」が、成長していく様子を描いています。

花郎の中には、大人気のZE:Aのパク・ヒョンシク(役名ジディ、真興王、彡麦宗)やSHINeeのミンホ(役名スホ)、防弾少年団のV(役名ハンソン)とイケメン揃いとなっているのも見どころです。

ここでは、花郎のネタバレと感想をご紹介していきます。

スポンサーリンク

花郎1話のあらすじ・ネタバレ

引用:https://twitter.com/jimin_1013_0303/status/1128546004125413376

1500年ほど前のお話です。

新羅(シルラ)は三国の中で最も小さく、弱かったため、真興(チヌン)王の命を狙おうとし、王権を奪おうとする人物がいたのです。

7歳だった真興王である彡麦宗(サムメクチョン)(パク・ヒョンシク)は、母親の只召(チソ)太后(キム・ジス)の命令で、真興王だということをみんなに知らせず、身を隠して生きてきました。

 

真興王12年、マンマン村ではムミョン(パク・ソジュン)に村の住人がケンカを吹っかけていたが、ムミョンは養父のウルク(キム・ウォンヘ)が「騒ぎを起こすな」と言っているから「帰れ」と伝えるが、ムミョンにケンカを仕掛けてきたのです。

ムミョンの意識が遠のき、倒れてしまったため、チャンスだと思って殴りかかろうとしてきたのをマンムン(イ・グァンス)が止めに入ってくれたのでした。

やられてしまったマンムンだったが、ムミョンが起きて奴らを追いかけまわすのです。

逃げる奴らは、橋を落としてムミョンが追いかけられないようにしたのですが、ムミョンは別名犬鳥と言われており、ムミョンは奴らがいる方へ飛んで行ったのでした。

 

只召太后はウィファ(ソン・ドンイル)の元へ行き、「王のために命を捧げる親衛隊を作りたい」と話し、「貴族の子孫に指導するよう」伝えるのです。

「王と神国に忠誠を誓うように」というが、ウィファは首を縦に振らなかったため、只召太后は摂政が気に食わないと思っているウィファに対して、「やり遂げたら退く」と伝えると笑うウィファでした。

 

ムミョンに対して、マンムンは両親と妹と暮らした故郷へ行き、探したいと話したため、二人は賤民の出入りを禁じられている都に行くことに決意したのです。

マンムンが首に下げている首飾りだけが頼りで、両親と妹を探すことになります。

次の日、都の塀を登ると、目の前に生首が吊るされていたため、驚く二人でした。

洋服を盗み、着替えて溶け込むことができた二人は、両親と妹を探すことになります。

アロ(Ara)は語り部をしていると、みんなが大騒ぎしながら話を聞いていたのです。
そこにいた彡麦宗は、話を聞きながら眠っていたのでした。

護衛から寝ていたと聞き、驚く彡麦宗は語り部をしていた女性が気になる様子だったのです。

いかさまをして稼いでいた連中に腹を立てたムミョンが助けると、ムミョンが犬鳥だとばれてしまい、追いかけられたため、マンムンと別れて後で合流することに決めるのでした。

見事逃げ切ったムミョンは、酔いつぶれているアロに出会います。

アロが転げそうになったところを助けたムミョンでした。

アロの靴が飛んで行ってしまったため、アロがムミョンに「拾ってよ」と伝えるが、ムミョンは急いでいたため、行こうとするのです。

アロがムミョンに何かを言おうとしている後ろから馬に乗った人物が現れたが、アロが分かっていない様子だったため、ムミョンはアロの元へ走ってアロを抱きかかえるのでした。

二人の距離が近くなり、見つめ合っていると、ムミョンはアロを離して転げてしまったのです。

 

彡麦宗は王宮にいるところ、只召太后と鉢合わせてしまいます。

「なぜここにいるのか」聞く只召太后に対して、「王が王宮にいない方がおかしい」と伝えるのです。

只召太后は「そなたが戻る日は私が決める、その日まで身を潜めていなさい」と言ったため、彡麦宗は何も言い返すことができませんでした。

 

彡麦宗の顔を見た者は誰かれ構わず殺されてしまうため、たまたま彡麦宗の顔を見たマンムンは、追いかけられることになります。

ムミョンが助けてくれたため、マンムンは逃げ切ることができたのですが、マンムンは王様を見たと伝えてもムミョンは信じてくれなかったのです。

マンムンが追われることになったため、背の高いマンムンはばれてしまう可能性があるのでムミョンが首飾りを使って探すことになります。

玉打閣(オクタガク)ででマンムンも探していると、同じ首飾りをしているアロに出会うのでした。

アロに話しかけることができず、玉打閣の中に潜入したのです。

中にはパンリュ(ト・ジハン)やスホ(ミンホ)など王族の子孫もいたため、女性達が歓声を出していたのでした。

パンリュとスホはお互いに敵視しているため、嫌味を言っていました。

アロが語り部をしているのを見つけたマンムンは、アロに夢中になっていると、パンリュに嫌みを言われてむしゃくしゃしていたカンソン(チャン・セヒョン)にケンカを吹っかけられてしまい、大事になってしまいます。

パンリュとスホはライバル同士のため、顔を合わせてまた険悪なムードが漂っていました。

アロの話よりもケンカの方にみんなが行ってしまい、一人になったアロの前に現れたのは、彡麦宗だったのです。

スポンサーリンク

花郎1話をみたみんなの感想

 

花郎第1話をみたみんなの感想をご紹介していきます。

第1話のみんなの感想

ムミョン役のパク・ソジュンかっこよすぎた。アクションシーンが見どころだった。

時代劇は衣装が素敵だよね。パク・シジュンはまだ髪も服も汚れてるからきれいな格好を早く見たい。

テテ出てこなかったけど第二話から出るみたい!楽しみ!

イケメン揃いでおもしろかった。アクションシーンにドキドキした!

みんなかっこよくてドキドキ!楽しみが増えた!

感想

確かにイケメン勢ぞろいで見どころ満載ですね。

ムミョン(パク・ソジュン)のアクションシーンで飛んだ姿にびっくりします。

彡麦宗(パク・ヒョンシク)の素早い動きも見どころです。

1話ではテテの登場はなかったですね!今後何話で登場するかも楽しみです。

スポンサーリンク

花郎 1話 ネタバレ・感想まとめ


花郎第1話のネタバレと感想をご紹介していきました。

イケメンがたくさん揃っていて、アクションシーンもあり、見どころ満載でおすすめのドラマです。

彼らがこれから花郎として生きていくことになり、どのようなことを学んでいくのか、楽しみですね。

是非花郎を見て、好みの花郎に癒されて日頃の疲れを取り除いてはいかがでしょう。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました