花郎(韓国ドラマ)最終回結末のあらすじネタバレ!ソヌとアロはどうなる?

花郎
引用:https://twitter.com/benikkay/status/959227320262279168

大人気韓国ドラマの「花郎」は、イケメン揃いの花郎に心を奪われ、ハマった方も多いでしょう。

花郎の最終回は一体どんな終わり方だったのか、気になる方もたくさんいることでしょう。

ソヌ(パク・ソジュン)とジディ(パク・ヒョンシク)にどんな決着がついたのか、アロ(Ara)の恋の行方とは?

ここでは、最終回のあらすじとネタバレや口コミをご紹介していきます。

花郎の結末を今すぐ無料で視聴する>>

結末は号泣必死
今すぐ無料で見る>>

/31日間無料視聴可能\

スポンサーリンク

花郎の最終回・結末のあらすじ・ネタバレ

引用:https://twitter.com/DATVjp/status/868421690723880961

ソヌ(パク・ソジュン)と彡麦宗(サムメクチョン)(パク・ヒョンシク)のどちらが王になるのか、アロ(Ara)を閉じ込めている彡麦宗の本当の狙いとは一体。

アロとソヌ、彡麦宗の恋の行方にも、決着がつくことになります。

 

引用:https://twitter.com/Ume_bsfuji/status/1128193224516890624

ソヌ(パク・ソジュン)はウィファ(ソン・ドンイル)に対して、「これ以上駒として生きていかない」と伝えるのです。

ソヌはウィファに「駒ではなく、誰よりも自由な花郎だ」と言われた言葉を胸に、己の秩序を築くことを決心したのでした。

ソヌはウィファを頼り、風月主(プンウォルチュ)として仙門(ソンムン)に戻り、花郎を率いるためにもウィファが必要だと伝えるのです。

 

只召(チソ)太后(キム・ジス)の侍女がお茶に何かを仕込んでいる姿を見たスホ(ミンホ)

スホは只召太后に取り次いでもらい、只召太后がお茶を飲もうとしたため、お茶を投げ捨てるのです。

それでも只召太后はお茶を飲もうとし、毒物が入れられているのを知りながら飲み続けていたというのでした。

只召太后は、身体に蓄積し少しずつ症状が現れる毒だと話て口から血を流したのです。

医者を呼ぼうとしたスホに対して、もう手遅れだと伝え、誰にも言わないように諭すのでした。

彡麦宗(サムメクチョン)(パク・ヒョンシク)アロ(Ara)を閉じ込め、「お前の兄が王座を脅かさぬよう人質だ」と言ったのです。

彡麦宗らしくない発言に言い返すアロでした。

 

彡麦宗は花郎の前に現れ、「真興だ」と言い放ったのです。

すると、ソヌが現れ「軟弱で力がないのはそちらも変わらぬ」と伝えると、彡麦宗はソヌに「礼を尽くせ」と言うのでした。

ソヌは「王を支えるかどうかは、我々が決める」と言い放ったのです。

 

叔明(スンミョン)王女(ソ・イェジ)とソヌが鉢合わせると、ソヌは叔明王女に「俺はいい男じゃないが、あなたはいい女です、だから想ってくれる人と婚姻を」と伝えて去っていくソヌに対して、涙を流す叔明王女でした。

 

スホは、彡麦宗に黙っていろと言われたけど、只召太后が毒物を飲まされていることを話してしまうのです。

彡麦宗は只召太后の元へ行き、ちょうど飲もうとしていたお茶を投げ捨て、お茶を出した侍女に「このような支持を出したのは、パク・ヨンシル(キム・チャンワン)か?」と尋ねるのでした。

侍女は彡麦宗に刀を向けられ、動揺したため、パク・ヨンシルの指示だと確信するのです。

彡麦宗は只召太后になぜ逃げなかったのか聞くと「逃げれなかった」と答えて「これが私の運命だ」と伝えたのでした。

「守りたいものがあるなら強くなれ」と只召太后が言い、彡麦宗は泣きじゃくるのでした。

 

アロは、只召太后が譲位すると聞いたことを彡麦宗に話すと、「そうだ、私は今日真の王になる」と答えた彡麦宗に対して、心配そうな表情を浮かべるアロは、「今以上眠れなくなるのではないか」と伝えると「お前のおかげでここまでこれた」とアロに感謝の言葉を言う彡麦宗でした。

 

只召太后や彡麦宗が揃い譲位の儀式が始めようとすると、パク・ヨンシルが「ソルを王座に」と言うとソヌを筆頭に花郎が現れたのです。

誇らしげな表情のパク・ヨンシルだったが、ソヌは「真興王、万歳」と言い、花郎みんなで「真興王、万歳」と声を揃えて言うのでした。

ソヌはパク・ヨンシルに刀を向け、「王様の命を狙ったその報いを受けよ」と言い、パク・ヨンシルと「同じ意見の人は前に出ろ、花郎の剣が容赦しない」と言うと誰も逆らわなかったのでした。

彡麦宗がソヌに「身分の違いで命が失わぬ世にしたい、三国統一の夢を描きたかった」と言った言葉を信じてソヌは彡麦宗に神国を託すことにしたのです。

 

只召太后は彡麦宗に、「私がそなたを憎んでいたと思うか?」と聞き立ち去ろうとした只召太后に対して、彡麦宗は「私が母上を憎んでいたと?」と逆に聞き返すのでした。

只召太后は今まで神国と彡麦宗を守るためにしてきたことだと理解していたことを伝えると涙を流す只召太后だったのです。

只召太后の様態が悪くなり、最後にアンジ(チェ・ウォニョン)と話すことになりました。

只召太后は以前お茶を飲まないように指示してくれたときは嬉しかったと話、アンジは殺そうと思うほど憎んでいた頃もあったと話すと、只召太后は「すまない」と言って息を引き取ったのでした。

アロの元に彡麦宗から手紙が届き、「会うと手放したくなくなるから手紙を書いた、あいつの元に早く行け」と書いてあったのです。

アロは走ってソヌの元へ行き、走ってきたソヌはアロを抱きしめたのでした。

ソヌは「もう一人にしない」と伝えてアロにキスするのです。

引用:https://twitter.com/coneru_web/status/834647394700496896

ソヌはアロを一人にしないと言ったのに、ソヌは忙しく半年間も連絡をくれないことに怒っていたアロでした。

そんなアロを抱きしめ、アロにソヌは「一緒になろう」と伝えてキスをしたのです。

スポンサーリンク

花郎の最終回・結末の口コミ!

花郎最終回のみんなの感想をご紹介していきます。

花郎最終回みんなの感想

花郎最終回感動した!もう見れないなんて寂しいよー

最終回胸キュンしまくりだったぁ。ソヌとアロが抱きしめるシーン素敵すぎた。

いいドラマで、毎回楽しませてもらった!最終回胸キュンシーン多くてドキドキ

友情と恋愛がいい感じに詰まってるドラマだった。イケメンに癒された

最終回驚きの展開が待ち受けていてびっくりした。ジディかっこよすぎ。

花郎の最終回、驚きの逆転劇が楽しめました。

ジディとソヌ、どちらが王になるのか、ドキドキしながら見てしまいました。

ソヌが出した決断はすごく素敵で、ジディとソヌが言葉を交わさずにお互いのことを分かり合っている姿が素敵でした。

きっと三国統一も夢ではないと思うので、すごく嬉しいラストでした。

アロとソヌの思いがやっと通じ合うことができ、すごく感動しました。

二人が抱きしめ合うシーンはとても胸キュンシーンでおすすめです。

スポンサーリンク

花郎(韓国ドラマ)最終回結末のあらすじネタバレ!まとめ

花郎最終回のあらすじとネタバレ、感想をご紹介しました。

全24話の花郎、時間も忘れてしまうほど楽しめるドラマになっているのがおすすめです。

友情や恋愛などたくさんのストーリーを楽しめる青春時代劇になっています。

是非、花郎を見てキュンキュンしましょう。

花郎の結末を今すぐ無料で視聴する>>

「花郎」感動のラストを
今すぐ無料で見る>>

/31日間無料視聴可能\

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました